新米おかんピエール華子のストレス発散徒然記


by pie-ruhanako

<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

踏んだり蹴ったり

ピエール華子でございます。

ちょうど一週間前に風邪の影響からかのどに異変を感じたのでございます。

もう若くないから、早めの対策が必要ですわ!とすぐに病院に行き薬を4日分処方していただいたのでございます。

あれから一週間。

酒焼けのような声になっているのでございます。

丸3日声がでず、回復してきてようやく今の酒焼け声でございます。

治りが遅いというのは老化現象でございますね。

あ〜悲しや、切なやでございます。


栄養をとって早く風邪を治さないことには育児もしんどいですわ!と思いまして、お肉料理をたらふくたいらげました。

案の定、胃もたれでございます。

赤子の離乳食のおかゆさんが美味しゅう感じる今日この頃でございます。
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-28 21:09 | プライベート

美?醜?

ピエール華子でございます。

メリークリスマスイブでございますね。

クリスマスムードをまったく感じることなく今日も一日終わろうとしております。


先日、久しぶりに年上の知人に会うことになったのでございます。

彼女の正確な年齢はわからないのでございますが、おそらく50歳くらいと思われます。

流行に敏感で、ファッション関係の仕事をしているため美にも気を使っている女性でございます。

なのですが…

妙な違和感を感じるではあ〜りませんかっ!!

赤子と彼女のツーショット写真を撮って、違和感が確信に変わったのでございます。

ずばり、妖怪じみていると…。

年齢と洋服&髪型のアンバランスが「イタイ」感じになってしまっているのでございます。

育児休暇中である自分は、ノーメイクかつおしゃれとは言いがたい服装が常日頃となっており、

今まで以上に彼女のことを「イタイ」と感じてしまったのでございましょうか。


年齢に見合った美しさ。

これ大事でございますね。

わたくし、個人的には「美魔女」なる方々にも違和感を感じておりますが…


そして赤子と写真を撮ると、余計に老けて見えたりしますものね…

おぉ〜こわっ!!!!

サンタさん、give me 若さ!!!
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-24 20:47 | 思想

赤子 耳鼻科に行くの巻

ピエール華子でございます。

赤子の夜泣きのおかげでわたくしも慢性的に寝不足なのでございます。

わたくしだけでしょうか…

寝不足ですと、無闇に食べてしまうのは…。

何かの因果関係でもあるのでしょうか。


話はガラリと変わります。

1週間ほど前から赤子が頻繁に耳を引っ張る仕草が見受けられます。

「耳の存在に気付いたのかしら?」

「耳は気持ちよいのかしら?」

などと呑気に考えていたのでございますが、何気なしにネットで検索してみたのでございます。

すると…

「耳を頻繁に触る仕草→中耳炎の疑い」

とでているではございませんか!!

まぁ、心配。

それに、夜泣きで目覚める時に耳を触っているわ…

ま、まさか…

ということで、本日耳鼻科に行って参りました。


小さなカメラで耳の中を見てみると…

あわわ!!!!!

ひ、ひえー!!!!!


なんという耳垢の量!!!!!!!


ということで、中耳炎ではございませんでした。

さて、耳垢がとれたら夜泣きの改善もはかれるのでしょうか。

今宵が楽しみでございます。
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-20 16:33 | 赤子
ピエール華子でございます。

おひさしブリーフでございます。

赤子の夜泣きがひどくて…などと

「いいわけ」

をしちゃうような

「ズルい女」でございます。おほほほほ。

さて、昨日一昨日と安室奈美恵さまの20周年コンサートが名古屋ドームで行われておりました。

安室奈美恵さまのライブはMCはいっさいなく、歌いまくりーの踊りまくりーのでございまして、

これが安室奈美恵スタイルとして定着してございますね。

その一貫して媚びないスタイルに、アムラー世代だけでなく昨今の若者までもが魅了され新しいファン層の拡大に繋がったとも言われております。


皆様は安室奈美恵さまのライブに行かれたことはございますか?

わたくしは何度か足を運んでいるのでございますが、彼女が登場するのが待ちきれず

「アムロちゃーん!!アムロちゃーん!!」

と声を荒げつつ待ち構えているのでございます。

一緒に行った友人も

「アムロちゃーん!!アムロちゃーん!!」

とコールいたします。

隣にいた新世代ファンと思われるギャルたちも…

「ナミエちゃーん!!ナミエちゃーん!!」


…ん???

ナ、ナミエちゃん?


会場内に耳をすましますと

「アムロちゃーん」



「ナミエちゃーん」

が混在しているのでございます。

観察の結果、

往年のアムラー世代は「アムロちゃん」コール。

新世代ファンの若者たちは「ナミエちゃん」コールでございました。

さて、あなたさまはどちらコールでございますか?
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-17 09:38 | 思想

僕は前葉体なのだ

ピエール華子でございます。

赤子の動きが日に日に活発になっております。

少し目を離すと、どこかに頭をぶつけてか泣いているのでございます。

そんな我が赤子の頭を後ろから見ると

「前葉体みたい」

と思わずにはいられないのでございます。

前葉体とはかつて理科の授業で習いました…


a0293611_21432470.jpg


これ。この左図でございます。


わたくしが小学生の頃でございます。

子供というのは時に残酷でございます。

坊主頭がトレードマークの田中くんの頭はハートに近い形をしておりました。

理科の授業で前葉体を知ったわたくしは、彼のことを心の中で「前葉体」とよんでいたのでございます。

そして今、我が子の後頭部を見つめながら「前葉体…」と心の中でつぶやいているのでございます。

ああ、悲しや悲しや!!!!!


今日のことでございます。

赤子を抱いてバスに乗っておりました。

隣に座ったおばあさまが

「おやまあ、頭のしっかりした子だねぇ」

と話しかけてくださいました。


我が子は頭がしっかりしていて(頭がデカくて)、前葉体…。

外見よりも中身に期待!!
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-12 21:52 | 赤子
ピエール華子でございます。

昨日、おかあさんといっしょのファミリーコンサートに行ってまいりました。


それはそれは楽しかったのでございます。

我が赤子はまだ0歳児でございますので、彼が楽しむというよりはわたくしと主人が大興奮でございました。

赤子が生まれるまでは、

もしこどもができても、こども番組でなく自分の好きな番組を見せるわ。

などとほざいていたわたくしでございますが、部屋にはアンパンマングッズが散乱し、テレビは専らEテレになり、記念にもらったおかあさんといっしょの紙袋を大事にしまうしまつ。

誰が想像できたでしょうか…。

こども向けコンサートですので、一時間ほどの公演でございましたが、随所に大人テイストも盛り込まれとても楽しゅうございました。

歌のおにいさんも体操のおにいさんも正直イケメンではございませんが、育児におわれているお母様たちには唯一テレビで頻繁にお見受けする異性とあってか黄色い声援がとんでおりました。


あまりにイケメンだと旦那様方がリアルにヤキモチをやくゆえに、それほどイケメンでない方をキャスティングするのでは…?と辛辣な意見が友人と一致したのでありました。

しかし…

よしお兄さんのスタイルのよさはただごとではございませんでした!

顔の小ささ、足の長さ

どんだけー!!!
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-09 08:59

男の脱毛 その後

ピエール華子でございます。



男のソレは驚くほど強うございました。

男の意思に反して強く太く伸びようとするのです。

男がおさえてもおさえても抗うのでございます。

充血にも達します。

かきむしりたくなる衝動をおさえるのに男は必死でございました。

しかし、寝ている間に我慢できず…。


結果、流血かつ乾燥で一日中むずむずするとのことで…


男性の毛根は女性のソレよりはるかに手強いので、脱毛後も大変である

というお話でございました。
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-08 07:16 | 思想

キムタク様 特別枠

ピエール華子でございます。

赤子の夜泣きが本格的になってきまして、日々寝不足でございます。

寝不足はいけませんね。

寝不足ですと、あらゆることにイライラしがちなわたくしめがいるのでございます。

いけませんこと、いけませんことでございますわっ!

そんな不安定な精神状態で見る月9。

ますますいけません。

何がって、いつも以上にツッコミをいれずにはいられなくなるからでございます。



そんな人いる?

なんで今の時代に魔法瓶?

無理やりサブタイトルをセリフにブチ込みすぎちゃいますのん?

キムタク様は何故にいつまでも同じテイスト?

で、また75分拡大スペシャル?

なんでもありやないかーいっ!!



と散々悪態つきつつも、毎回見てしまっているわたくしなのであります。

つまるところ、制作者の狙い通りなのでございましょうか…。

むにゃむにゃ
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-06 07:08

拝啓ISSAさま

ピエール華子でございます。

DA PUMPのISSAさま、

「まぁ、ご婚約されたのね」

と思っていたのも束の間。

AKBの方とお泊まりなさって婚約も破談されたとのこと。

なんまんだぁ〜なんまんだぁ〜

でございます。


しかし、数々の女性遍歴を知りながらもご婚約された方でしたら

「さすがにこいつは浮気するだろうな」

とお考えかと思っていましたのに…

「私とつきあって彼は変わった!もう他の女には目もくれないはずだわ」

というような思いだったのでございましょうか。


プレイボーイ体質はそうそう変わらないのでございます。


ISSAさまのことを

「平成の火野正平」

と例えることがあるようでございますが、

火野正平さまは

「オレはまだ死んねぇし平成の時代を生きてるわけだから、平成の火野正平とはオレのことだろ」

とおっしゃているようでございます。

ちなみに、プレイボーイとして名を馳せた火野正平さま曰く

「玉置浩二には負けるよ」

とのこと。

ISSAさまはまだまだということでございましょうか?
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-03 21:44 | 思想

がめついのは男?女?

ピエール華子でございます。

「だから女は…」

と男尊女卑的な発言をする殿方が身近に数人おります。

なぜ彼らは男だからとか、女だからとか男女で線引きをしたがるのでございましょうか。


そんな彼らが、一般的に女の方が金に執着する傾向があるというような話をしていたのでございます。

もちろんケチな男もたくさんいるし、太っ腹な女もたくさんいるけれども、総じて女の方が金に執着するというのでございます。


例えば、家族で会社を経営しているとします。その際母親が経理を担当することが多いそうです。そして、社長である父が引退をしても、経理担当の母はなかなか引退せずに財布を握りっぱなしであるとのこと。

あ、我が家もそうでございました…。

プレゼントしかり。

男子は金目のモノをもらうのももちろん嬉しいけれど、プレゼントへの労力を評価する。一方女子はなんだかんだで高額プレゼントを喜ぶとのこと。

あ、私も高額プレゼントを頂戴できれば機嫌がなおりますもの…。

女の業は深こうございます。
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-02 12:10