新米おかんピエール華子のストレス発散徒然記


by pie-ruhanako

カテゴリ:未分類( 7 )

ピエール華子でございます。

夜泣きが改善されません。

赤子は眠りが浅いのでしょうか?

何度も起きるのでございます。

その度に、おぱいを咥えさせて、いわゆる添い乳しますと落ち着くのでございますが…。

赤子はおぱいが好きである

とよくききますが、正式には


赤子はビーチクが好きである

なのではないかと思うのでございます。

とりあえず乳の首をチュパチュパしていると落ち着くようなのでございます。


先輩ママである友人が申しておりました。


「断乳しても、寝る時にビーチク触りたがってたよ」

と。


真実や如何に!
[PR]
by pie-ruhanako | 2013-01-06 22:39
ピエール華子でございます。

昨日、おかあさんといっしょのファミリーコンサートに行ってまいりました。


それはそれは楽しかったのでございます。

我が赤子はまだ0歳児でございますので、彼が楽しむというよりはわたくしと主人が大興奮でございました。

赤子が生まれるまでは、

もしこどもができても、こども番組でなく自分の好きな番組を見せるわ。

などとほざいていたわたくしでございますが、部屋にはアンパンマングッズが散乱し、テレビは専らEテレになり、記念にもらったおかあさんといっしょの紙袋を大事にしまうしまつ。

誰が想像できたでしょうか…。

こども向けコンサートですので、一時間ほどの公演でございましたが、随所に大人テイストも盛り込まれとても楽しゅうございました。

歌のおにいさんも体操のおにいさんも正直イケメンではございませんが、育児におわれているお母様たちには唯一テレビで頻繁にお見受けする異性とあってか黄色い声援がとんでおりました。


あまりにイケメンだと旦那様方がリアルにヤキモチをやくゆえに、それほどイケメンでない方をキャスティングするのでは…?と辛辣な意見が友人と一致したのでありました。

しかし…

よしお兄さんのスタイルのよさはただごとではございませんでした!

顔の小ささ、足の長さ

どんだけー!!!
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-09 08:59

キムタク様 特別枠

ピエール華子でございます。

赤子の夜泣きが本格的になってきまして、日々寝不足でございます。

寝不足はいけませんね。

寝不足ですと、あらゆることにイライラしがちなわたくしめがいるのでございます。

いけませんこと、いけませんことでございますわっ!

そんな不安定な精神状態で見る月9。

ますますいけません。

何がって、いつも以上にツッコミをいれずにはいられなくなるからでございます。



そんな人いる?

なんで今の時代に魔法瓶?

無理やりサブタイトルをセリフにブチ込みすぎちゃいますのん?

キムタク様は何故にいつまでも同じテイスト?

で、また75分拡大スペシャル?

なんでもありやないかーいっ!!



と散々悪態つきつつも、毎回見てしまっているわたくしなのであります。

つまるところ、制作者の狙い通りなのでございましょうか…。

むにゃむにゃ
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-06 07:08

がめついのは男?女?

ピエール華子でございます。

「だから女は…」

と男尊女卑的な発言をする殿方が身近に数人おります。

なぜ彼らは男だからとか、女だからとか男女で線引きをしたがるのでございましょうか。


そんな彼らが、一般的に女の方が金に執着する傾向があるというような話をしていたのでございます。

もちろんケチな男もたくさんいるし、太っ腹な女もたくさんいるけれども、総じて女の方が金に執着するというのでございます。


例えば、家族で会社を経営しているとします。その際母親が経理を担当することが多いそうです。そして、社長である父が引退をしても、経理担当の母はなかなか引退せずに財布を握りっぱなしであるとのこと。

あ、我が家もそうでございました…。

プレゼントしかり。

男子は金目のモノをもらうのももちろん嬉しいけれど、プレゼントへの労力を評価する。一方女子はなんだかんだで高額プレゼントを喜ぶとのこと。

あ、私も高額プレゼントを頂戴できれば機嫌がなおりますもの…。

女の業は深こうございます。
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-12-02 12:10

素敵な女子的友人

ピエール華子でございます。

マメにブログを更新できないわたくしでございますが、日課としていることがございます。

それは、友人の日記を読むこと。

友人限定で日記を公開しているのですが、この日記が本当にマーベラスなのでございます。

ずっと友人には会えていないのですけれども、日記で近況がわかります。

そして何よりこの日記の哲学的なことといったら!!

マーベラスざますの!

母になってから読書する時間もなくなってしまいましたが、友人の日記から哲学的な言葉を学んでおります。

そして、毎日日記を綴り続ける友人をリスペクトでございます。


継続は力なり。
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-11-26 20:52
ピエール華子でございます。

女と男の性質を分けて語りがちな友人が申しておりました。

「女って、特に旅行先で次の日の朝ごはんの心配するよね。」

友人はメンズでございます。


先日わたくしは鳥羽に旅行に行ったことを綴りました。

素泊まりでの宿泊でしたので、飲み物などをコンビーニエンスで購入する必要がございました。

コンビーニエンスはホテルからそれほど遠くない距離にございました。

最初にコンビーニエンスに寄ったのはホテルチェックイン前でございます。


「明日の朝はどういたしましょう?朝ごはん用に何を買いましょうか?」

わたくし…確かにこのような発言をいたしました。

昼過ぎくらいに…。


昨日、北陸地方に住む実母が我が家に来たのでございますが、寝る前にこう申しました。


「明日の朝のパンはございますわよね?」


明日の朝ごはんを気にするのは女だからでしょうか?血筋でしょうか?育ちでしょうか?
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-11-08 05:37
ピエール華子でございます。

赤子がバブバブ言う機会が増えて参りました。

唇を震わせて「あぶっ、あぶぅ、ぶうぶう」などと言ってみたり、

「コーコー」とダースベーダーの様に声を発してみたり…。

このような赤子語で思い出す方がいらっしゃいます。



「あぶ。あぶっ、ぶっぶぶ〜」

→水森亜土様っぽい

「コーコー」

→千葉真一様っぽい


正確に申しますと、関根勤さまがマネされる水森さま、千葉さまを連想いたしますね。


余談ですが…


「あぶ、あぶ、ぶー、ぶー」


この幼児言葉にテンポを少し加えて替え歌風に歌ってみると…

「あぶあ、ぶー、ぶー、ぶー」
      
     ↓

「あるあ るっるっるぅ〜 愛〜がある〜」

西田ひかるさまの「きっと愛がある」に変換されます。
[PR]
by pie-ruhanako | 2012-11-02 22:40