新米おかんピエール華子のストレス発散徒然記


by pie-ruhanako

美醜の判断

ピエール華子でございます。

何故我が子はこんなにもかわいいのか。

このように感じることを親ばかといいますね。

「親ばか」とわかりながらも、ふと

「うちの子、ひょっとしたら客観的に見てもそこそこかわいいのではないか…?」

などと思ってしまうことがあるのでございます。

というような話を主人にしましたところ、

「華子、僕らの子はかわいいよ。

 でも客観視は大事だよ。

 自分のことを例に挙げてみるね。

 僕の顔のパーツをよく見てご覧。

 目、鼻、口…

 どれも優れたパーツはないよね。

 でも配置は悪くない。

 そう、僕はバランスの整った不細工なんだ。

 どうだい?これが客観視というものさ!

 僕は冷静に息子のことも見るように努めているよ。」


 という返答がきたのでございました。

 

 このような冷静さをもってわたくしのことも見ているのでございましょうね。

 お〜こわっ!!!!

 
[PR]
by pie-ruhanako | 2013-01-13 22:09 | 思想