新米おかんピエール華子のストレス発散徒然記


by pie-ruhanako

上から華子♪

ピエール華子でございます。

先日、自分は認めないけども他人は口を揃えて認めるセレブーな友人とランチいたしました。

かの友人は東京の一等地に住まいし、身につけているモノもそれはそれは高価なニオイがプンプンいたします。

お金もち独特の感じ

というモノを皆様は感じたことはございませんか?

肌の感じや、持ち物からくる

「お金かかってそ〜」

という、あの感じでございます。

わたくしはその友人に対して

「あなたはバブルのニオイがいたしますわ」


と会う度に箴言するのでございますが、

「そんなことはないわ!」

と否定する。

それを繰り返しできるような間柄であるということを念頭においておいてくださいませ。


さて、かの友人との会話でございます。

その日も彼女の東京セレブーライフが4人集まった友人たちとの会話の90%を占めたといっても過言ではございません。

近所の芸能人のお話、息子のお受験のお話、息子が通う幼稚園のママさんのお話など

それはそれはセレブ雑誌で垣間見えるような「あの世界」が現実にあるのでございますね。

と感じさせられるお話でございました。


「あなたの住む世界は日本の人口のピラピッドの頂点のお話ですわよ」

と箴言しても

「そうかしら?」

と軽く流され話は続いていきます。


なかなかわたくしめの忠告は届かないのでございます。


かの友人はご近所に住むセレブタレントと交流があるというようなことを言い出しました。

「あの人、すっごくスノッブな感じなのよ!!」




スノッブ……snob……


snob  意味:お高くとまった人


「あの人すっごくスノッブ」

と言っているあなたがスノッブよ!!!

とまたしても箴言しようかと思いましたが、流されるだろうと思い申し上げませんでした。

そんなわたくしめこそsnobでございましょうか?
[PR]
by pie-ruhanako | 2013-01-10 08:55 | 思想